いくらかかるのか

Pocket

お金実際にこれから会社を設立するためにはどのような費用が必要となるのでしょうか。まず設立登記をしなければいけないのですが、これには費用がかかってしまいます。収入印紙代や手数料、登録免許税などが必要となるのです。特に登録免許税については資本金の0.7%を支払うことになるため、大きな額になることがあります。

株式会社を設立するならば、しっかりとした資本金を準備しておかなければいけません。もちろん、今では資本金1円で起業することもできるのですが、後のビジネスのことを考えるとちゃんとした資本金を用意しておくことは大切です。資本金の平均金額としては300万円程度となっています。ただし、それぞれの状況によって資本金の決め方というのは異なります。

その他の費用としては、たとえば事務用品を揃えるためにも費用がかかります。事務所を契約するためにも費用が発生するでしょう。ホームページを作成するならば、それにも費用が発生します。このようにその他の費用に含まれるものはたくさんあり、ここだけで100万円以上の費用がかかることも珍しくありません。

統計によると起業をする際の資金としては500万円が最も多いというデータがあります。実際に会社を設立するためにはこのぐらいの費用が必要となるのです。


▼関連記事▼

管理人